ヨーグルトって自作できるらしい

ヨーグルトって自作できるらしい

ヨーグルトって簡単に自作できるらしいです。
というかほとんどの方は知っているのかもしれませんが、私は初めて知りました。

種菌などを購入し、ヨーグルトメーカーなどを使わなくてはできないと思っていたのですが、ヨーグルトメーカーなしで市販のヨーグルトを使用しても同じように作れる…ということで、早速牛乳とダノンビオと呼ばれるヨーグルトを買ってきました。



ダノンビオ、酸味が少なくて食べやすいんですよね。

BE80というビフィズス菌が使われているそうで、腸にも良さそうです。
ダノンビオのヨーグルトは酸味が少なくて美味しい!BE80の効果もすごそう

私自身は味が好きなのでよく買って食べています。

牛乳は、たくさん食べても太らないよう脂肪分控えめの低脂肪牛乳を購入しようと思ったのですが、低脂肪牛乳だと失敗することが多いそうです。

またできたとしても緩めのヨーグルトに仕上がってしまう可能性があるということで、無調整の牛乳を購入しました。



作り方は簡単。
詳しくは他のサイトを参考にしてほしいのですが、軽く温めた牛乳の中にヨーグルト加え、温かい場所に放置するだけ。

しばらくおくと発酵してくるそうです。

牛乳を熱しすぎるとヨーグルトの菌が死んでしまうので、ある程度冷めてから入れるようにします。

季節にもよりますが、暖かいところに置いておけば早ければ半日くらい、寒い季節では24時間以上かかることもあるのだとか。

キッチンの冷蔵庫の上が暖かくて良いことで、冷蔵庫の上にヨーグルト加えた牛乳の便を設置し、待つこと10時間ほど…

私の自宅の環境では、10時間ぐらいで少し固まり始めたかなというくらいで、12時間ほど置いたところでかなりとろみが出てきてるようだったので、そのまま冷蔵庫に入れました。

あまりにも長い時間発酵させすぎると、酸味が出て酸っぱくなってしまうそうです。



しばらく冷やしてから家にあったいちごジャムを加えて食べてみたのですが、本当に美味しいです。

ダノンビオとはちょっと違うかなと思いますが、牛乳らしい味がするヨーグルトで、市販のヨーグルトよりもおいしいかもしれません。

これはマイブームになるかも?
次回は異なるヨーグルト買ってきて試してみようと思います。




ページ上に戻る